企業法務に長けるには

企業法務とはその四文字からお察しいただける通り、企業に求められる、企業が遵守すべき数々の法律あるいは規定を指す言葉です。
たとえば皆さんご記憶の「労働基準法」も企業法務の代表的な法律ですし、様々な業種毎に遵守すべき規定が無数に存在しています。
インターネット通販サイトで明記配信が義務付けられている「特定商取引法に基づく表記」は、かつては「割賦販売法に基づく表記」でしたが、インターネットの普及と共に名称と一部内容が改訂された法務です。

この企業法務が絡むさまざまな事例や案件と対峙するのもまた、弁護士の重要な職務です。
とりわけ特定の企業の専属弁護士として活躍する顧問弁護士の場合、その企業が遵守すべき数々の法務に精通していなければならず、より専門的な知識が求められますが、いくら頭脳明晰で豊富な経験値をお持ちの弁護士でも、新たに着手する未知の分野の全てを一朝一夕でクリア出来るとは限りません。

ここではザックリと広い視野から、企業法務に強い弁護士を目指すに際し、どのようなポイントに着目すべきなのか、あるいは中長期的に目指すのであれば、どのような実務経験や歩みを選択すべきなのかなど、弁護士として更なる活躍を見据える方々へのアドバイスを記してみたいと思います。
一般の方々には難しく感じられるかも知れませんが、ぜひご一読ください。
それまで遥か彼方あるいは無縁だった法律の世界を、少しでも身近に捉えていただければ幸いです。



○管理人推奨サイト
企業法務に強い弁護士と費用をおさえて契約できる顧問弁護士サービスを提供している法律事務所です →→→ 顧問弁護士 費用

Copyright © 2014 企業法務に強い弁護士になるには All Rights Reserved.